読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のソース

新聞などに取り上げられた科学論文のソースを解説少なめで掲載します。 @OrenoReSource で再放送しています

新型コロナ防ぐたんぱく質発見-順天堂大 大沼圭准教授、森本幾夫客員教授

 

新型コロナ防ぐたんぱく質発見…順大グループ (読売新聞) - Yahoo!ニュース

新型コロナ防ぐたんぱく質発見…順大グループ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

マーズは、2002~03年にアジアで流行した新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)と同じコロナウイルスの一種で発症する。マーズウイルスは、人の気管支の粘膜細胞などにある受容体「CD26」に結合して感染する。

 森本客員教授らの研究グループは、CD26の表面の特定部位を認識して結合する6種類のたんぱく質を開発。これらを使って、人の細胞でどの部位からウイルスが感染するか調べた。その結果、そのうちの一つのたんぱく質が、ウイルスがCD26と結合するのをブロックし、感染をほぼ100%防ぐことがわかった。

 

この新聞記事の元論文はこちらです。

Inhibition of Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus (MERS-CoV) Infection by Anti-CD26 Monoclonal Antibody (J Virol. 2013 Sep 25) 

 

 この雑誌のインパクトファクターは5.076です。

 

主著者は大沼圭准教授、責任著者は森本幾夫客員教授

 

2013 Complete Guide to MERS-CoV, Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus - Serious Emerging Threat Related to SARS, Clinical Management, Prevention and Control, Official Guidelines

2013 Complete Guide to MERS-CoV, Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus - Serious Emerging Threat Related to SARS, Clinical Management, Prevention and Control, Official Guidelines

  • 作者: Medical Ventures Press,National Institutes of Health,Centers for Disease Control and Prevention (CDC),World Health Organization (WHO)
  • 出版社/メーカー: Progressive Management
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

  

世界を救った医師―SARSと闘い死んだカルロ・ウルバニの27日 (NHKスペシャルセレクション)

世界を救った医師―SARSと闘い死んだカルロ・ウルバニの27日 (NHKスペシャルセレクション)