俺のソース

新聞などに取り上げられた科学論文のソースを解説少なめで掲載します。 @OrenoReSource で再放送しています

HTLV-1関連脊髄症(HAM)の発症メカニズム解明-聖マリアンナ医科大学 山野嘉久准教授

 

  脊髄(せきずい)に慢性の炎症が起こり、歩行困難などになる難病「HTLV-1関連脊髄症(HAM)」の発症メカニズムについてです。

 

HAMは母乳や精液を通して白血病ウイルス「HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)」が免疫細胞に感染、発症する。HTLV-1感染者は全国に108万人居ると推定され、感染者400人に1人の割合でHAMを発症するので日本での患者は推定3000人。(一部要約)

 

山野准教授らは、患者の髄液で、CXCL10というタンパク質の濃度が、健康な人の100倍以上になっている点に注目した。

 

山野准教授は、患者の脊髄内部の異常でCXCL10が大量に作られ、ウイルスに感染した免疫細胞を脊髄に引き寄せ、炎症を慢性化させていることを突き止めた。また、患者21人の血液に、CXCL10の反応を邪魔する物質を投与したところ、脊髄へ引き寄せられる免疫細胞の数が減り、炎症の慢性化を抑えることにも成功した。

 

これらの新聞記事のもととなった論文はこちらです。

Positive feedback loop via astrocytes causes chronic inflammation in virus-associated myelopathy (Brain 2013 July 26) 

 

雑誌のインパクトファクターは9.915です。

 

主著者は安藤仁さん、責任著者は山野嘉久先生。

山野嘉久先生の研究室のHPはこちら

厚生労働省HTLV-1に関するページはこちら

 

<追記>

7月の論文が今頃報道されたのはなんでだろうと思ってたんですが、

HTLV-1対策推進協議会というのは9月25日にあったことと関係あるんでしょうかねえ。

HTLV-1感染、関東などで増加- 厚労省協議会で調査報告 | 医療介護CBニュース

 

 

HTLV‐1(ヒトT細胞白血病ウイルスI型)と疾患

HTLV‐1(ヒトT細胞白血病ウイルスI型)と疾患

教えて!HTLV-1のこと 成人T細胞白血病ウイルス

教えて!HTLV-1のこと 成人T細胞白血病ウイルス